膝の痛みの注意点

外傷による膝の痛みはスピードが命です。

外傷とは体外から力が加わることによっておこる怪我のことです。打撲、捻挫、骨折などの突発的な怪我のことですが、膝に関する外傷とその処置について説明します。

膝の外傷について

突然起こる膝の怪我で多いものは、半月板損傷と靭帯損傷といわれています。

・半月板損傷…膝を無理な方向にひねったり、伸ばしたりしてしまうことで、軟骨組織の半月板が損傷、断裂してしまう病気。半月板が損傷した直後に膝関節内血種がみられることもある。

・靭帯損傷…骨格の各部分を繋いでいる靭帯の一部が裂けたり、破けたりする病気。軽いものは捻挫と呼び、重症になると靭帯断裂になることもある。

応急処置

外傷はいずれも激しい痛み、腫れ、熱を伴うので、早急な処置が必要となります。処置は早ければ早いほどよく、回復も早くなります。

直ちに運動を止め、体重がかからない状態にして、タオルの上から氷嚢やアイスパックなどで冷やすことが基本となります。

「RICE処置」

スポーツの現場では外傷には「RICE処置」という応急処置が行われます。RICEは英語で、「RはRest」「IはIce」「CはCompression」「EはElevation」を表します。

日本語にすると「休ませる」。そして炎症や内出血を抑えるためのアイシングで「冷やす」。次に包帯などを巻いて「圧迫」する。そして患部を心臓よりも上に「挙上」するということです。

怪我をすると血液やリンパ液が溜まって腫れます。そのために心臓よりも患部を上にして、血液の流れを患部から心臓に向かわせます。

膝の怪我の場合は患者をマット等に寝かせて、怪我をした脚の下にタオルなどを入れ、脚を高くしてあげると良いでしょう。

-膝の痛みの注意点