膝痛の治療方法

膝の痛みを治療するための流れ

膝の痛みを放っておくと痛みが強くなったり、悪化したりしてしまいます。治療には、どのような方法があるのでしょうか?また、治療の流れについても説明します。

膝の痛みの治療は大きく分けて「保存的療法」と「外科的療法」の2種類に分類されます。外科的療法とは患部を切り開いて処置をする手術のことです。また、保存的療法とは外科的療法以外の治療のことを指します。

治療の一般的な流れとしては、様々な保存的療法を組み合わせて治療を行い、一定期間経過した後に悪化、もしくは改善がみられない場合に、本人の意思に基づいて外科的療法を行うということになります。

保存的療法について

保存的療法にはいくつかの種類があり、それらを組み合わせて治療するのが一般的です。

薬物療法

激しい痛みや炎症による痛みを軽減することを目的として、消炎鎮痛剤を用います。通常は副作用の少ない非ステロイド性抗炎症剤を使用しますが、痛みが強い場合は強いステロイド剤を用いることもあります。

薬の形態としては内服薬、外用薬、座薬、注射などがあります。

装具療法

膝関節を保護し、固定や安定を目的として膝のサポーターやコルセットを使用します。装具の使用により、日常生活における膝関節の負担軽減や痛みの緩和に役立てることができます。

温熱療法

患部を温めることで血行を促進させて疲労物質を流し、関節や筋肉の柔軟性を高め、骨や軟骨の負担を軽減します。

運動療法

ストレッチなどで膝の筋肉をほぐしたり、筋肉強化のために膝に負荷を与えたりしながら、身体機能向上を目指して痛みの軽減を図ります。

これらの保存的療法で一定期間様子をみたうえで、外科的療法が必要かどうかを判断します。

-膝痛の治療方法